ハイエースで車中泊する | ベッドキットの取り付け方法

ハイエースで車中泊する

hiace-bedkid-01

ハイエースの広大なカーゴスペースを有効活用するならベットキッドがいいです。

バンは性質上室内の半分が荷室でなければならない決まりがある。

でも手軽に脱着可能ベットキッドなら車検時に荷室として扱われるためそのままの状態でも車検はクリアできます。

ベットキッドのほとんどがボルトによる装着なので手軽にできるところがポイントです。

ハイエーサーなら挑戦して欲しいと思います。

 

「ベッドキットの取り付け方法」

①カーゴスペースの四隅に装着されているフックを取りフレーム脚の穴に合わせます。

hiace-bedkid-02

②ねじ穴とフレームの脚の穴を合わせたところで付属のワッシャーと固定ボルトをはめて、レンチで仮留めしてください。

hiace-bedkid-03

③脚を仮留め後それぞれにフレームを差し込む。前と後ろがあるので注意してください。

hiace-bedkid-04

④ベットのフレームの高さを決める。ねじ穴に付属しているハンドルを差し込み高さを調整する。

hiace-bedkid-05

⑤別売りのベットキッド用スライドキッドを使う場合は角パイプを外側から挟んで装着。

hiace-bedkid-06

⑥ベッドをフレームに載せる。ベッドは方向が決まっているので注意してください。

作業は2人以上で行うのがベターです。

hiace-bedkid-07

⑦ベッド裏の穴とフレームの穴を合わせて付属している短いほうのハンドルを使いしっかりと固定する。

hiace-bedkid-08

⑧最後にベッドと内張りの隙間を均等にしたらフレーム脚の固定ボルトを本締めして完成。

hiace-bedkid-09

 

関連サイト:『ハイエース200系のベッドキット!お勧め人気ランキング

 

次のページでは、ヴェルファイアのシートカバーをDIYで装着しています。

高級車は簡単そうで意外と難しいので、参考にしてください。

次『』⇒

 

プリウスの車中泊グッズを紹介!ブラックシェードなど

「プリウスの車中泊グッズ」

車内での着替えや仮眠など昼夜を問わず使用できるのがブラックシェードです。

遮光にプラスして遮熱効果もあり車内の温度をいい感じに保ってくれます。

取り付けは、付属の吸盤を使用して貼り付けるだけなのでおすすめです。

また付属のバックに簡単に収納できることから車中泊の必須アイテムといえます。

続きを読む

ヴェルファイア内装をDIY!フロントテーブル取り付け方

『ヴェルファイアのフロントテーブルの取り付け』

ヴェルファイア-フロントテーブル

取り付け手順

①フロントテーブルの装着はグローブボックスの左右にあらかじめあけられている穴を利用する。なので囲う名のどの必要はない。

front-vr-01

②グローブボックスの出口付近にある、プレートを取り外すのが買いたい場合は内張りはがしなどを使ってくださいね。

front-vr-02

③プレートを取り外したら穴がりますのでこの部分にステーと付属のプレートをビスで留めます。

front-vr-03

④ステーをグローブボックスの両サイドに取り付けたらフロントテーブルの支柱がステーの外側に来るように慎重に天板をのせてください。

front-vr-04

⑤内側からステート支柱をビスで留める。ガタガタしないようにプラスドライバーを使いしっかりと締めこむことでテーブルの固定は終わりです。

front-vr-05

⑥最後にグローブボックスをもとの位置に戻せば作業はすべて完了。20分もあればできる簡単な作業なのでお勧めです。

front-vr-fin

 

次のページでは、プリウスのウインドウシェードの装着です。

簡単に取り付けできますので、DIYというより仮眠などの時のオススメグッズです。

 

次ページ『プリウスのウインドウシェードの装着』へ⇒

mic植毛シート貼り付け方!スティングレーの内装をDIY

「スティングレーの内装をDIYでドレスアップ」

スティングレー植毛8

ここではスティングレーの室内をかっこよくドレスアップするのにぜひトライしてほしいDIYを紹介します。

車の内装を高級スウェードのような質感に仕立てられる人気の塗装と言えば植毛塗装があります。

しかし、DIYでやりたくても特殊な施工なので専門ショップでしかできません。

ですが最近はDIYしたいという方のために「植毛シート」が販売されています。

植毛塗装したカッティングシートなので、貼りたいところに貼ってカットするだけの簡単作業です。

そして特別な工具も不要でカットするためのはさみやカッター、しわを伸ばすだけのヘラがあれば施工できます。

DIYのメニューとしては効果的にアクセントになりますのでおすすめです。

*ここで紹介するシートmic社の植毛シートです。

続きを読む

ドアインナーパネル装着!ハイエースの内張りをメイクする!

「ハイエースの内張りをドレスアップ」

ハイエースパネル

シートカバーやインテリアパネルも装着し、次に気になるのがドアのインナーパネルではないでしょうか。

純正っぽい感じが残るドアの内張りをかっこよくメイクするにはもってこいのパーツですね。

これまではドアの内張りは張り替えというのが一般的でしたが、今はパネル自体に両面テープが付属しており、それを剥がしてつけるだけでメイクできる商品が各メーカーから販売されています。

シートカバーやインテリアパネルと合わせてインテリアの質感が大きく向上するのでおすすめです。

続きを読む

n-boxの内装をドレスアップする!車カーテンの取り付け

「N-BOXにカーテンを取り付けドレスアップする」

nカーテン

手軽にN-BOXをドレスアップするならカーテンはとてもオススメです。

取り付けも簡単でウインドウの上と下に付属のレールを貼りつけてカーテンフックを入れ込むだけです。

マジックテープをウインドウの枠に貼りつければフルカバーすることができます。

使用しないときはタッセルでカーテンをまとめることもできます。

汎用だけでなく車種専用のメーカーも多々あり、購入の際はチェックしてください。

続きを読む

ヴェルファイアのステアリンググレードアップ!ハンドル交換

「ヴェルファイアのステアリングを交換する」

ヴェルハンドル12

ステアリングはドライバーが常に触れているだけでなく、コックピットの中心にあるパーツとしてインテリアのアップグレードにおいて重要な存在です。

アルファードやヴェルファイアの上質感をさらに高めるなら、ステアリングの交換はやっておきたいですね。

作業に入る前にまずは、バッテリーのマイナス端子を外してください。

エアバックの誤作動を防ぐためです。

あとは19㎜の十字レンチ、T30のトルクスレンチ・内張りはがしを用意しておけば初心者でもDIYで出来ます。

続きを読む

ステアリングの交換方法!アクアの内装をドレスアップしたい

「アクアの内装をDIYでドレスアップ」

アクアステアリング

ここではアクアのドレスアップということでステアリング交換方法を説明しています。

ステアリングは、コックピットの中心にあり常にドライバーが触る大事なパーツです。

形状やサイズなどいろいろなスタイルに仕立てられるだけにステアリングの影響はかなり大きいです。

同時にステアリングは安全性に直接かかわっている部分です。

身体を守ってくれるエアバックも装着しているので交換は慎重にしたいものです。

作業はエアバックの脱着と純正パーツの移し替えが必要になりますがじっくりと取り組めばDIYでも可能です。

ぜひトライしてくださいね。

続きを読む

フロントコンソールボックス取り付け!ハイエース内装DIY

「ハイエースの簡単DIY」

ハイエースの内装をドレスアップするのに簡単なDIYの一つにコンソールボックスの取り付けがあります。

ここではフロントのコンソールボックスの取り付け方を紹介します。

そして、後半ではハイエースのセカンドアームレストの装着も紹介しています。ぜひ参考にしてください。

さて、一列目シートがウォークスルーデザインになっているハイエースの足元につけるのがフロントコンソールボックスになります。

運転席を包み込むようなスマートな感じになるだけでなくジュースやコーヒー、スマホ、小物類などを置けるので大変便利です。

ここで紹介するものは工具は一切使用しません。

なので、取り付けもすぐ出来るドレスアップです。

続きを読む

カーエアコンフィルター交換!ハイエースグローブボックス

「ハイエースのエアコンフィルターを交換!」

エアコンフィルター紹介

ハイエースのエアコンフィルターを変えたいけど、グローブボックスの外し方がわからない。

そんなあなたは、まず当サイトの「グローブボックスの外し方」を参考にしてください。

外し方のコツなど詳しく説明しています。

さて、ドレスアップが好きと言う人も意外にやっていないのがエアコンフィルターの交換です。

車内に入ってくるホコリや花粉などをシャットアウトする役目があります。

ここで紹介するエアコンフィルターは活性炭とセラミックを取り込み、抗菌、防カビ、抗ウイルス、そしてたばこや排ガス、ペットの臭いなども抑えてくれる優れものです。

特にハイエースは標準でエアコンフィルターを装備していないのでチェックしてくださいね。

続きを読む